目の前でOKサイン

    信頼を得られる

    特許申請と商標登録をするのは自社製品・自社商品の権利を保護するためだけではありません。特許の取得と商標登録は、...

    Readmore
    顎を触る男性

    期間はどれくらいか

    特許申請して自社製品の特許を取得したとしてもその特許期間が短ければすぐに他の企業に真似されてその商品は飽和して...

    Readmore
    ファイルを運ぶ女性

    世界的な

    特許というものには日本国内だけにとどまるものと、世界的に認められているものがあります。日本国内だけの場合、開発...

    Readmore
    デスクの女性

    どれくらいの費用が

    特許申請と商標登録の手続きが面倒な会社は特許事務所と言われる業者に依頼することで、全ての手続を行ってもらう事が...

    Readmore

どれくらいの費用が

デスクの女性

特許申請と商標登録の手続きが面倒な会社は特許事務所と言われる業者に依頼することで、全ての手続を行ってもらう事が出来ます。

そのための費用はそれぞれの特許事務所によって異なっています。
特許の場合、特許庁に支払うお金というものがあります。
出願するのに15000円が必要になります。
そして、審査請求時には118,000円と請求項目一つにつき4000円必要になります。

こうした特許庁に支払う金額以外にも、特許事務所に支払う手数料が十万円ほどとなっていることがほとんどです。 (さらに…)

どこに申請するか

ガッツポーズの女性

特許申請と商標登録して自社開発製品の権利を保護することが大切だということを説明いたしました。

しかし、その申請をどこに出していいか分からないという企業も多いのではないかと思います。

特許と商標登録の出願の受付と審査は特許庁でのみ行っています。
ですから、特許申請は特許庁にするようにしましょう。
しかし、その際にも自社製品の特許を出願することが出来るかどうかについて調べる必要があります。
最近はそうした出願から手続きまでを行ってくれる特許事務所もあります。 (さらに…)

期間はどれくらいか

顎を触る男性

特許申請して自社製品の特許を取得したとしてもその特許期間が短ければすぐに他の企業に真似されてその商品は飽和してしまいます。
ですが、特許の存続期間はとても長く二十年の間その権利を保証してくれます。

以前までは保証されるのは十五年から二十年の間で、出願公告というものがあり少し曖昧なところがありました。
しかし、1995年以降にその期間は二十年間に決定されました。

つまり、特許申請(出願)してから二十年間の間はその権利を保証してくれるということです。
二十年間保証してくれるのであれば、その商品よりも優れている商品が開発されるまでの期間以上にその権利を保証してくれるので、開発費を回収することが可能です。 (さらに…)

信頼を得られる

目の前でOKサイン

特許申請と商標登録をするのは自社製品・自社商品の権利を保護するためだけではありません。

特許の取得と商標登録は、BtoBビジネスを行っている企業の場合取引相手の企業に対して、自分たちの会社がしっかりとした商品を開発して社会的にも認知されていると証明することにも繋がります。
つまり、信頼というものを得ることが出来るようになります。

ビジネスを行っていく上で信頼はとても大切なものです。
逆に信頼があればビジネスを行うのは容易いとも言えます。 (さらに…)

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031